活動内容


1.本研究会は、主として有機系の医療廃棄物を対象に、廃棄物の削減と資源回収を医療機関内で安全に実施するために、技術開発、プロセス開発、システム開発を実施します。
2. 本研究会は、有機系医療用材料の標準化、院内プロセスの標準化、処理機器の標準化を設定することにより、医療廃棄物の削減及び資源化を普及させていきます。
3. 本研究会で研究、設定した標準規格に合致する医療機材、プロセス、機器等の認証及び認証を獲得して頂くための指導を実施します。
4. 本研究会で設定した標準規格を世界標準とするよう、国際社会へもアピールしていきます。
5. 本研究会は、他の学会等と連携し、医療廃棄物の観点から医療の質・安全の向上に貢献していきます。
6. メーカー、医療関係者、大学等が連携し、医療廃棄物の医療機関内での処理を推進することにより、地域社会への負担、環境負荷を軽減します。

処理スキーム





各分野のメリット


ページのトップへ戻る